FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瑞鳳の風船病み付きご褒美

(ふむ・・・これで今日の執務も終わりか)

机の上に並べた書類を片付け、窓を見渡せば日は落ちていた。
次の行動を起こそうとした時に良いタイミングでドアをノックする音が聞こえた。

 「提督・・・入るね」

そういって入ってきたのは秘書を勤めてもらっている軽空母の瑞鳳だ。
彼女には様々な戦場で旗艦を務めてもらい、提督の補佐も完璧であった。
外見こそは幼いがちゃんと仕事はこなす優秀な艦娘であった。

 「そろそろ・・夜も遅いし・・・ね・・・提督・・・また・・・」

モジモジしながら瑞鳳は上目遣いで提督を見つめる。
彼女の求めるものはいわゆる夜のお勤めかつご褒美。
最初は彼女も戸惑っていたのだが今ではすっかり病みつきになってしまったようである。

 「また・・・瑞鳳の・・・格納庫に・・・ね・・」

彼女のそんな仕草が可愛くて私はわかったといわんばかりに机の引き出しにある一つの機械を手に取る。
そして彼女に向けて機械に付いているボタンを押した。

 カチッ

 「あはっ・・・また・・・私・・・あははっ」

 シューッ・・・

彼女の袴の股部分がゆっくりと押し上げられていく。
照れながら、またその行為に感じながら彼女の口から吐息が漏れ出す。

 「あんっ・・・瑞鳳の格納庫ぉ・・・またぁ・・・膨らまされちゃう・・ぅ・・」

提督はゆっくりと彼女に近づき、胸当てを外し、袴を広げて彼女の小さな胸を露出させる。
感じ始めた彼女の乳首はゆっくりと硬くなり始め、その幼い膨らみが膨らみそうな勢いで
白い柔肌が綺麗に映し出されていく。

 シューッ・・・

 「気持ちいいよぉ・・・私ぃ・・・いつもこれが楽しみぃ・・・あんっ」

袴の下をめくってみればそこには可愛らしい下着の中に風船が膨らんでいた。
最初のうちは彼女もあまり乗り気ではなかったが最近は自分からおねだりをするようになっていった。
戦場で活躍すれば膨らませてもらうという約束をしており、それからというもの
下着の中に常に風船がセットされていたのだ。

 「あん!そこいいっ!!んんっ!!あはっ!!こすれるぅ・・!こすれちゃううう!!」

小刻みにビクンビクンと身体を震わせ、瑞鳳は喜びの喘ぎをあげる。
そしてそんな彼女の乳首を口でくわえ、ちゅばちゅばと吸い出していく。

 「ひゃああっ!!ああんっ!!そこすごいいっ!!あんっ!!あああんっ!!いいよぉおお!!
  わたしっ・・そこもぉっ!!!そこもよわいのっ!!あはっ!!あんっ!!」

小さな膨らみと乳首をイジリながら風船はどんどん大きくなっていき
下着を拡げ、彼女の格納庫をどんどん押し広げる。
溢れんばかりの涎が風船を濡らし、膝を伝って床を濡らしていく。

 シューッ・・・ ちゅ・・・ちゅ・・

 「ずいほぅ・・あんっ!!!あんっ!!かくのぉ・・・!!あひゃああ!!!しゅごいよぉおお!!!
  どんどんあふれてぇ!!ふうしぇんこすれちぇぇええ!!ちくびもしゅごいよおおおお!!」

ビクンビクンと大きな波が訪れ、彼女に限界が訪れる。

 「もうらめええええ!!!あたひいくっ!!いくううう!!!いくぅうううううううう!!!!」

そういって身体が大きく弾け、風船に彼女の愛液がべっとりと溢れてまみれる。
そのまま横になった彼女は下着で膨らんでいる風船を愛くるしい眼差しで見つめている。

 「もっとおおきくしてぇ・・・ふくらましてぇ・・・きもちよくしてぇ・・・・」

イッたばかりの彼女の期待に応えるように風船はどんどん大きく膨らんでいく。
大きな音と共に彼女の激しい喘ぎが聞こえるのにそれほど時間はかからなかった。

コメント>
管理人TAKAです。えらく間が空いてしまいました・・・それでも見に来てくださる方本当にありがとうございます。
仕事の多忙さに加えて、体調を崩してしまい結局はこんな時まで更新放置という事態に・・・。
実は2月中旬に艦これも始めてしまい、ハマってしまったのも原因でした。
とりあえず提督LV71までいっており、日々プレイしております。
そんな中今回は瑞鳳ちゃんを風船でやってみました。実際可愛いですよね~。
短いSSですが楽しんでいただけたらと思います。
また更新が長引いてしまったら艦これやっていると思ってください・・・ではまたっ

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

艦コレのポニテの娘ですね
私自身艦コレはやってないのですが、
可愛いキャラクター多いですよね。
響と初霜を見たときには、やろうか迷いました。

風船がご褒美とは良いですなぁ
常に仕込んであると言うのも彼女が病みつきになった
と言うのが分かりますし、いずれは下だけでなく胸でも
風船責めして仕舞いそうな勢いですな(^0^)

No title

コヨテさんいつもこんな不定期更新を確認して下さり
かつ感想までありがとうございます。
艦これは始める前までは苦労しますがやり始めると面白いですね。
常に仕込ませて準備万端となっている彼女の仕草はエロいと思いますね~
プロフィール

TAKA

Author:TAKA
更新遅めの駄文SS書き。
気分しだいで色んなものに手を出していきます。
主なSS内容はROやオリジナル中心。

リクエストは受付しますが、書くスピードが遅いので
完成はゆっくり待ってあげてやって下さい。

SSの感想とか頂けると飛び跳ねて喜びます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。