FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒中お見舞い申し上げます + 今年初の風船SS

 「くっ・・・あっ・・・はあっ・・・」

日課である早朝マラソンで人がほとんどいない町並みを走る。
ただ、いつもと違うことが一つある。

 「あっ・・・だめ・・・あっ・・」

それは私の下着の中で風船が少しづつ膨らんでいること。
走るたびに膨らんだ風船が擦れていき、自分の下の口を押し広げていく。
履いているジャージからそろそろ膨らんでいるとわかる形が見え出していく。

 シューッ・・・

 「あんっ・・・ああっ・・・だめえっ・・・」

こんなことをして走っているのも昨日の夜にゲームで負けてしまい
罰ゲームとしてこんなことをさせられているのだ。
早朝でないと人目にこんな姿を晒してしまったら・・・

そんな事を考えながらも手早く終わらせようとするが予想以上に
風船の膨らみが早く、こうして喘ぎ声を含んだ吐息を漏らしている。

 「あんっ・・・ああっ・・・も・・・もうこのままじゃ・・」

家までの距離は遠く、このままじゃどうしようもない。
仕方なく、近くの公園に入りトイレの中に駆け込む。

 バタン

ドアを閉めてひとまずは安心したが風船のスイッチは止めることが出来ない。
理由はスイッチはキーのロック式になっており、鍵が無ければ止められない。
しかもその鍵は家にしかないのである。

 「ああんっ!!・・・あっ・・声でちゃ・・・」

私は自身の声を塞ぐ為に上着をめくって口に銜える。
ジャージの下から健康的な白いブラにほどよく膨らんだ自分の胸が見えてしまう。

 「んっ・・・んんっ・・んっ!!んっ・・・」

風船に喘ぎながら声を押し殺す。
既に風船は大きく膨らんでおり、ジャージの上からでもわかるほどに見えている。
下着をパンパンに押し広げ、引きちぎる勢いで膨らんでいく。
当然、行き場の無い風船は私の下の口をこじ開け、押し広げていく。

 (も・・・もう我慢できない・・っ・・・どうせイクなら・・・)

そう考えた私は壁にもたれ、両手で自分のブラの中に手をいれ、胸を揉み出す。
硬くなっている乳首は指でコリコリと動かし、より一層私の理性を奪っていく。

 シューッ・・・

 「ふうっ!!んんっ!!んっ・・・・んんっ・・・んっ!!んっ!!」

風船によって無理やり火照らされている私の身体に快楽がどんどん押し寄せていく。
公園のトイレの中だが誰か来るかも知れない、誰かが聞いているかもしれない。
それを考えただけでも更に私の身体は火照りを増し、喘ぎを必死に我慢しようとする。
その行為がいつもの自分でやるその行為よりも遥かに違う何かを味わされていく。

 「ふぐっぅうう!!んんっ!!あふうっ!!!ふううっ!!んんーっ!!!」

風船も既に限界まで膨らんでおり、割れる寸前である。
思考が真っ白になり、私はこのままイクことを決意する。
口からジャージがこぼれ落ち、私は人目も気にせず喘ぎをあげる。

 「ああんっ!!すごいいっ!!しゅごいのっ!!わたっ・・わたしイクのおおっ!!!
  ふうせんでイカされちゃうのぉおおお!!あっ!!イク!イクッ!!いくぅうううううう!!!」

 バアアアン!!

風船が音を立てて割れ、下着の中に破片と私の愛液がべっとりと残る。

 「あ・・・・はあっ・・・はあっ・・・」

達した高揚感に溺れながら私はゆっくりと火照りを納め、家に帰る道を選ぶ。
周りを一応確認したが誰も見ている様子はなかった。
風船にイカされたのは初めてだけどそれ以上にこの緊張感と背徳感にゾクゾクしてしまってる私もいた。

 (今度は・・・自分の部屋でゆっくりとやってみようかな・・?)

そんな事を考えながら家の玄関の扉を開ける。

家の角で一人の人影がそれを見ていた。カメラに映っていたのは彼女が風船でイク寸前の
乱れた姿の写真だった。最もそれを彼女は気づきもしなかったのだが・・・。

コメント>
管理人TAKAです。明けましておめでとうございます。
しかしとんでもなく今回は出遅れてしまいました。
本当は1月の初めに書きたかったのですがツイッターで私をフォローしている方なら
知っているかもですが新年2日目にて胃腸炎にかかってしまい書くべき時間を完全に
療養に使わなければいけないというなんとも情けない事に・・。
加えて仕事も忙しく時間が取れず、こんな日まで延びてしまったという・・。

でもなんとか無事に更新できてよかった気がします。
なんか結構いつの間にか拍手ももらっており、昔のゲーム解説とか結構何度もパチパチしてもらっていて
めっちゃ嬉しいです。ぽいずんさんの新作のゲームも楽しみですよね。
またあーいう解説もやってみたいです。

とまぁこんな不定期更新がまた続いていきますが温かい眼で見守っていただければありがたいです。
改めてまた今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

No title

明けましておめでとう御座います。

日常+罰ゲームみたいな展開は
女の子の反応を想像しやすくてエロくなりますな。
ジャージに風船の組み合わせ最高ですね
走る度に擦れますし、コレをマラソン大会でやったら凄そうですな。

No title

だいぶ遅くなりましたがコメントありがとうございます。
マラソン大会・・つまり大勢の子が風船に・・・いいですなぁ・・
プロフィール

TAKA

Author:TAKA
更新遅めの駄文SS書き。
気分しだいで色んなものに手を出していきます。
主なSS内容はROやオリジナル中心。

リクエストは受付しますが、書くスピードが遅いので
完成はゆっくり待ってあげてやって下さい。

SSの感想とか頂けると飛び跳ねて喜びます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。