FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人の友達とゲームマシーン

一人の友人の行方がわからなくなった。
名前はユウヤ、付き合いの長い友人である。
しばらくしてユウヤの友人であるユウスケにメールが届く。
それはユウヤの所在場所が記された一通の情報だった。

他言すれば彼の安全は保障できない。
そう書かれており、単身罠と知りつつも地図の場所へと足を運ぶ。
とある建物に入り、指定された部屋に入る。
そこには1台の機械が置かれていた。

 ぶるるるる・・・

携帯のメール着信の音が鳴り響き、内容を確認する。
それにはこの機械の座席に座れということである。
僕は指示通りに座席に座る。
すると機械が動き出し、僕をシートベルトが固定を始める。
光が溢れる画面には探していたユウヤの姿があった。
全身を拘束されており、抵抗する力も無くしたのか縛られたままの姿で映し出されている。
不意に画面が切り替わり、何かのゲーム画面が表示される。

画面にはゲームをクリアしたらユウヤを解放するというものである。
ただし、ミスをした場合には双方に罰ゲームが発生するという。
覚悟を決めて、僕はゲーム画面に集中しゲームを開始する。

どうやらレースゲームのようである。

ゲームが開始され、僕の操作で自機を動かしてレースを始める。
なんなく進んでいた僕であったが、カーブを曲がりきれずコースアウトしてしまう。
画面に罰ゲームという表示がされ、それと同時に僕の下半身から何かが見え始める。

 しゅーっ・・・・・

どうやら罰ゲームは風船のようである。
風船は膨らみ、僕のモノに擦れるように膨らんでいく。
画面が切り替わり、ユウヤの側にも風船が膨らんでいる画像が映し出される。
大きな巨大な風船は彼の身体に覆いかぶさるように膨らんでいっている。

ゲーム画面が再び映し出され、風船が膨らみながらゲームがリトライされる。
下半身の感覚が気になるがゲームを続行する。
しかし、風船の擦れる感覚が気になりすぎて更にミスをしてしまう。

 しゅーっ・・・

更に風船は勢いを増して膨らんでいく。
擦りつけられるその感覚は反射的に僕のソレを固く、大きくしてしまう。
感じてしまうことに罪悪感があるものの、身体は素直に反応を見せてしまう。

ユウヤのほうは既に巨大風船に飲まれるように全身が風船に覆いかぶされていた。
意識が戻ったようで彼もやはり擦れる感覚が全身に電気のように通っているのだろう。
声は聞こえずとも吐息が荒くなっているのがわかる。
ゲームに集中しようにも風船の感覚が快感へと変化し、集中力を奪い続けてくる。
風船がギチギチと大きな音を立て始め、限界が近いことを悟る。
今、この状態で破裂したら衝撃で更に凄い快感が迫ってしまう。

ゲームに集中しようとしても風船に意識を取られて思うように操作できない。
ユウヤのほうも拘束されているのにも関わらず、快感が全身を覆っているのだろう。
風船の感覚が全身に走る瞬間であった。

 バーンッ!!!

風船が破裂し、僕の下半身に衝撃が一気に伝わる。
ユウヤのほうも同時に破裂し、割れたショックで放心してしまっていたのだ。
僕自身も意識が放心してしまい、そのまま深層へと誘われて行く。
だが、どこか充足感が身体に伝わるようでもあった。

その後、二人は地元の警察に保護された。
2人を発見したとき、周辺に風船の破片が散らばっていたという。
この事件の後、僕達は風船を性欲の捌け口へとしていた。
今では感謝している、このような気持ちの良い感覚を教えてくれたことを。

2人の友達は風船を膨らましあいながら、互いに快楽を貪り続けた。

コメント>
管理人TAKAです。
今回はユウヤさんとユウスケさんのリクエストを同時にこなしてみました。
ちょっと挑戦的に二人のセリフがない文章回しで書いて見ましたがいかがでしたでしょうか?
気に入っていただければ幸いです
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

おもしろかったです
ありがとうございます

また今度YUUSUKEさんと二人の作品
を書いてください
ありがとうございました

リクエスト

僕が学校で手足を縛られていて風船や巨大風船をズボンの中などに入れられて膨らませられるという話を書いてください
よろしくお願いします

No title

お返事遅れました。リクエスト内容は・・・
以前と同じような展開なのかな・・?

現在、少し管理人が立て込んでいるので書けるかはわかりませんが
気長にお待ちくださいませ
プロフィール

TAKA

Author:TAKA
更新遅めの駄文SS書き。
気分しだいで色んなものに手を出していきます。
主なSS内容はROやオリジナル中心。

リクエストは受付しますが、書くスピードが遅いので
完成はゆっくり待ってあげてやって下さい。

SSの感想とか頂けると飛び跳ねて喜びます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。